2010年05月26日

傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員・加藤智大被告(27)の第8回公判が21日、東京地裁であり、殺害された東京都杉並区、無職中村勝彦さん(当時74歳)の長男の医師(40歳代)が検察側証人として出廷した。

 同事件の公判で遺族が証言したのは初めて。

 中村さんは当日、長男の目の前で加藤被告のトラックにはねられた。長男は「父はトラックより高く、遠くにはね飛ばされ、間もなく意識を失った」と証言。「加藤被告は個人的な感情を関係ない第三者にぶつけた。残酷な形で父が犠牲になり、無念だ」と述べた。

 また、長男は、「弁護側が供述調書の証拠採用に同意しなかったために出廷せざるを得なかった」とし、「静かに暮らしたいと願っているのに、傷口に塩を塗られているようだ」と弁護側への不快感を示した。

参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦-日精協政治連盟(医療介護CBニュース)
大雨 交通乱れる 神戸で土砂崩れ(産経新聞)
種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)
全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
任天堂社員、傷害現行犯で逮捕 駐車割り込みで殴る(産経新聞)
posted by オクノ マサヒロ at 19:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。